名文探偵、向田邦子の謎を解く

向田邦子の文章には「嘘」や「マジック」がたくみに埋めこまれている――向田ドラマの演出家であり、盟友でもあった著者が推理小説の手法で読み解く。
著者 鴨下信一
ジャンル 向田邦子に関する本
出版年月日 2011年7月発売
ISBN 9784900963528
判型・ページ数 四六判上製256頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

父の死に顔に母がかけたという〈豆絞り〉の嘘とは? 向田邦子は〈軍人〉が好きだった、というのは本当か。名作「かわうそ」のラスト1行にある〈写真機〉の意味。骨董や絵画など〈生活の美〉にこだわったわけは? 後年テレビで性を、それも〈不倫〉をテーマにしたのはなぜか。「男らしさへの嫌悪、家長になることへの恐怖……。本書で独自の向田論を展開している」(日本経済新聞より)。