醤油と薔薇の日々

学校でも会社でも、そして家庭でも「競争」させられる女性たち。「問題が深刻化するに応じて著者の主張は益々冴えわたる」と朝日新聞で紹介された一冊。
著者 小倉千加子
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2013年6月発売
ISBN 9784900963597
判型・ページ数 四六判フランス装256頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

「ねえ、薔薇っていう字、書ける? 私、書けるんだよ」安田成美の丸大豆醤油CMから20年。あのCMはなぜ女性心理を逆撫でしたのか。その隠されたメッセージを考察する表題エッセイ。大阪人はなぜ派手な原色ファッションを好むのか。主婦の教祖だった作家・森瑶子が被っていた黒のつばひろ帽子の意味…などなど、現代の〈生きにくさ〉を浮かび上がらせるエッセイ68本を収録。