ノンフィクション・エッセイ・絵本

司法試験に挑戦すること23年。何度失敗しても、決してあきらめようとは思わなかった――。
書名 苦節23年、夢の弁護士になりました
著者 神山昌子
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2011年2月発売
ISBN 9784900963504
判型・ページ数 四六判上製224頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

バツイチ子持ちの30代。正社員の仕事はなく、セクハラは当たり前。人生一発逆転をねらって、司法試験に挑戦を決意する。37歳で受験を始め、3年目に受 けた一次試験になぜか、合格。まぐれで受かったとも知らずに、すっかり行ける気になったが……。連続22回の失敗をのりこえ、61歳で念願の弁護士になるまでを振りかえる。NHKテレビ「ドラクロワ」で著者が紹介された本。


しゃべれない。手足も動かない。そんな重度の障がい者がある日突然、鎌倉の市会議員に立候補して……!?
書名 じろじろ見てよ
重度脳性マヒのぼくが議員になって
著者 千一
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2012年3月発売
ISBN 9784900963542
判型・ページ数 四六判上製224頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

「鎌倉の市会議員になれないかなあ」2000年の夏、友人と雑談していたとき、ふと漏らした一言から、ぼくの人生は大きく変わった――。しゃべることも 手足を動かすこともままならないアテトーゼ型脳性マヒ。「しゃべれない人間に議員ができるのか」周囲の心配をよそに、素人ばかりの仲間数人の協力で奇跡の当選を果たす。読む人すべてに勇気を与える感動ノンフィクション。


「命の重さがなぜこんなに違うのだろう?」国際援助の最前線で過酷な現実を見てきた、医師ならではの貴重なレポート。
書名 小児科医、海を渡る
著者 黒岩宙司
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2008年7月発売
ISBN 9784900963429
判型・ページ数 四六判上製256頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

32歳の時、ぼくはボランティア医師としてアフリカの大地を踏んだ。勤務したマラウイの小児病棟では、1か月発売に100人の子どもが死んだ。そしていつ のまにか、死そのものにも麻痺していく――。先進国や国連がかかげる「国際援助」「貧困削減」というスローガンは美しい。だが、本当に貧しい人々にその善意はなぜ届かないのか。読売新聞の「顔」欄で紹介された本。


莫大な利益の陰で、だれが泣き、だれが笑っているのか? トヨタ取材歴20年の著者がその知られざる暗部に迫る。
書名 トヨタ世界一の光と影
著者 岡清彦
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2007年12月発売
ISBN 9784900963405
判型・ページ数 四六判上製216頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

優秀なトヨタマンが製造の現場で、営業の最前線で、技術部門の心臓部で過労死していく。彼らはなぜ死ななければならなかったのか? さらに「品質のトヨ タ」でリコールが激増したのはなぜなのか。トヨタ成功の原因といわれる「かんばん方式」と「労使協調主義」に問題はなかったのだろうか。日本のモノ作りの典型ともいえる超優良企業の功罪をえがいたノンフィクション。


学校でも会社でも、そして家庭でも「競争」させられる女性たち。「問題が深刻化するに応じて著者の主張は益々冴えわたる」と朝日新聞で紹介された一冊。
書名 醤油と薔薇の日々
著者 小倉千加子
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2013年6月発売
ISBN 9784900963597
判型・ページ数 四六判フランス装256頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

「ねえ、薔薇っていう字、書ける? 私、書けるんだよ」安田成美の丸大豆醤油CMから20年。あのCMはなぜ女性心理を逆撫でしたのか。その隠されたメッセージを考察する表題エッセイ。大阪人はなぜ派手な原色ファッションを好むのか。主婦の教祖だった作家・森瑶子が被っていた黒のつばひろ帽子の意味…など など、現代の〈生きにくさ〉を浮かび上がらせるエッセイ68本を収録。


雅子さん、林真理子、山口百恵……フェミニスト界随一の芸達者がさまざまな心の謎に迫ります。16年ぶりのエッセイ集。
書名 シュレーディンガーの猫
パラドックスを生きる
著者 小倉千加子
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2005年8月発売
ISBN 9784900963313
判型・ページ数 四六判フランス装248頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

本業のジェンダー・セクシュアリティ論からテレビドラマ、日本の晩婚化現象まで、幅広く分析をつづけている著者が、90年以降に発表したエッセイを一冊に まとめたもの。「長距離ランナーの栄光と孤独」と題した林真理子論などのほかに、いまどきの大学生や「占いとは何か」にも言及。「全編を通じてほのみえるのは、この15年間の女性と社会の微妙な関係」(朝日新聞より)。


「もっとも好むカツレツ」と評した洋食屋から、京都の老舗料亭、長野の蕎麦屋にいたるまで、池波の〔食〕のすべてを一冊に凝縮した保存版!!
書名 池波正太郎が通った〔店〕
著者 馬場啓一
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2009年11月発売
ISBN 9784900963467
判型・ページ数 四六判並製280頁(ビニール装)
定価 本体1,600円+税



内容説明

「女将の人柄がすばらしい」と讃えた和食割烹の隠れた名店、わが故郷と呼んでいた浅草で贔屓にしていた寿司屋、甘党でもあった池波が愛した京都の洋菓子 店、若い頃毎日のように通った大阪の定食屋、名古屋のギョーザ屋……名うての食通・池波がその変わらぬ味をたたえた食べもの屋123軒(東京・横浜77 軒、京都21軒、大阪・名古屋12軒など)の完全ガイド。


川本三郎に文尾のセオリーを。川上弘美に文章のリズムを。三谷幸喜に笑える文章の書き方を。50の名文に学ぶ、新しい時代の〈文章読本〉。
書名 名文を読みかえす
夏目漱石からプロジェクトXまで
著者 馬場啓一
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2011年4月発売
ISBN 9784900963511
判型・ページ数 四六判並製28頁
定価 本体1,300円+税



内容説明

山下清に、いい文章とは何かを学ぶ。ビートたけしに、一人称の扱い方を学ぶ。プロジェクトXに、文章の最後を大胆に終わらせる方法を学ぶ。檀ふみに、映像 的な文章の書き方を学ぶ。村上春樹に、語尾の畳み掛けというワザを学ぶ。江國香織に、箇条書きという裏ワザを学ぶ。糸井重里に、「ぼく」と「私」の違いを学ぶ。などなど、プロの文章術が満載の本!!


「シャボン玉ホリデー」「ゲバゲバ90分」そして「夜のヒットスタジオ」……テレビ黎明期からの貴重な証言者が振りかえる、なつかしのエッセイ。
書名 マエタケのテレビ半生記
著者 前田武彦
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2003年6月発売
ISBN 9784900963221
判型・ページ数 四六判上製244頁
定価 本体1,700円+税



内容説明

青島幸男、永六輔らとともにテレビの放送作家〈一期生〉として活躍。その後、〈変な作者〉として徐々に画面に登場するようになり、〈マエタケ・巨泉〉の一 時代を築いた男。テレビ元年のころの思い出から、コント55号や渥美清、ザ・ピーナッツとの出会い、そして「夜のヒットスタジオ」でのバンザイ事件の真相まで。「笑点」の司会など、意外な話題が満載です。


偉人とは、傑出した「バカ」である。と決めつけて「おバカな偉人」ベスト100を選んだら? 爆笑必至の書き下ろしエッセイ。
書名 笑う偉人伝
著者 高橋春男
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2001年1月発売
ISBN 9784900963115
判型・ページ数 四六判並製260頁
定価 本体1,400円+税



内容説明

偉人とは、傑出した「バカ」である。と決めつけて「おバカな偉人」ベスト100を選んだら? 爆笑必至の書き下ろしエッセイ。
1位のシュバイツァーから100位の釈迦まで。選び抜いた100人は見開き2頁で紹介(番外編としてなんと525位まで載っています)。さらに偉人の生き 方に学ぶ「教訓」や、偉人の体力・知力を分析した「通信簿」付き。したがって本書には「涙がちょちょぎれるような感動はまったくない代わりに、役に立たない教訓は腐るほどあります」(まえがきより)。


医者はどんな仕事をして、どんなことを考えているのか? 元医者のジャーナリストが、医者のさまざまな生態を語ります。
書名 お医者さんには謎がある
著者 永井明
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 1997年4月発売
ISBN 9784900963023
判型・ページ数 四六判並製264頁
定価 本体1,500円+税



内容説明

「出席者全員が同じ職業」ちょっと異様な医大卒業20年目のクラス会を実況レポートしたら? 「人工心臓を作る男」アメリカで最先端医療に挑む医者の胸の 内。漫画家モンキー・パンチさんが心酔する「北海道の赤ひげ先生」。その他、「医者は患者の死をどう考えているのか」「本当に薬にくわしいのか」など、お医者さんのことをもっと知りたいあなたのための、面白エッセイ。


20人のロック・スプリッツあふれるアーティストが若者たちにむけて、エールを送る!! 「大人になってもロックは終わらない」(忌野清志郎)と。
書名 マイ・メッセージ 20人のアーティストが今、最も伝えたいこと
著者 向井秀徳ほか
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2004年6月発売
ISBN 9784900963252
判型・ページ数 四六判並製224頁
定価 本体1,300円+税



内容説明

向井秀徳、宇多丸、木村世治、AIR、鬼束ちひろ、村上てつや(ゴスペラーズ)、J、中川敬、aki(Laputa)、TAKA(ラクリマ・クリス ティー)、石橋凌、石田ショーキチ、GAKU-MC、ANCHANG、PUSHIM、坂本サトル、クハラカズユキ、山口洋、金子統昭など。「いかに音楽に目覚め、挫折し、若い世代に何を伝えようとしているのかが、生々しい言葉でつづられている」(朝日新聞より)。


「独断で選ぶ短編ベスト10」「春樹ワールドを彩る名セリフ」など、全作品詳説ガイドから意外な話題まで、ファン必見のバラエティブック!!
書名 村上春樹ワンダーランド
著者 宮脇俊文
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2006年11月発売
ISBN 9784900963368
判型・ページ数 A5判並製240頁(カラー24頁)
定価 本体1,600円+税



内容説明

あまりその素顔が語られない作家・村上春樹。だが、念入りにその作品や雑誌でのインタビューを拾っていくと、意外な一面が浮かび上がる。たとえば「父親、 というトラウマ」であり、「政治的作家である」という側面が。その他、著者と春樹がともに大学時代の一時期をすごした「和敬塾」の思い出とイラスト・ルポや春樹の短編・長編小説、ノンフィクションなどの徹底解説も。


一部に熱狂的なマニアがいる奇妙な絵本作家・レイン・スミス。彼が仕掛けた摩訶不思議な大人の絵本。江國香織さんオススメ!!
書名 フリップ村のとてもしつこいガッパーども
著者 ジョージ・ソウンダース●文
レイン・スミス●絵
青山南●訳
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2003年4月発売
ISBN 9784900963214
判型・ページ数 A5判変型上製96頁
定価 本体1,600円+税(オールカラー)



内容説明

ガッパーとは、奇妙な生き物の名前。そいつはフリップ村の生活の糧であるヤギにくっつくのが大好き。ガッパーがくっつくと、ヤギは眠れなくなってミルクを 出さなくなる。ガッパーを取り除くのは村の子どもたちの毎日の仕事だが、ある日、頭のいいガッパーが現われて……。「奇怪で静謐でグロテスク。それなのにとても美しい」と江國香織が評した本。


恐竜と働くクルマが合体!? 全米の2009年「最優秀新作絵本」に選ばれた、話題のファンタジー絵本。
書名 きょうりゅう、えらいぞ
著者 クリス・ゴール●作
西山佑●訳
小畠郁生●解説
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2012年7月発売
ISBN 9784900963566
判型・ページ数 B4判変型上製34頁
定価 本体1,600円+税



内容説明

はるかなはるかな大昔、地球を支配している「恐竜」たちがいた。木や石ころを押しのけて進むブルドーザートプス。どこでも掘りかえしてしまうショベルサウルス。おなかがごろごろしているセメントサウルス……その秀逸なアイデアに『あらしのよるに』のきむらゆういち氏も絶賛!! 特別付録として、恐竜博士 (小畠郁生氏)の解説がついているので、お楽しみに。


映画の見どころから作家論、製作こぼれ話までを1作品4頁でコンパクトに収めた、最強映画ガイド。全作のポスターとスチール写真付き。
書名 世界の名作シネマを読みなおす
著者 セシル・ベルジェ●著
藤野邦夫●訳
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2007年7月発売
ISBN 9784900963382
判型・ページ数 A5判並製192頁
定価 本体1,600円+税(オールカラー)



内容説明

はじめて人々に夢を見させた映画「月発売世界旅行」から、ヒーローになりきれなかった人間の生涯を壮大なスペクタクルでえがく「アラビアのロレンス」、 たった1本しか撮っていない監督のカルトな傑作「狩人の夜」まで、有名無名とりまぜて46本の〈名作シネマ〉に焦点をあてる。ありそうでなかった、ちょっとヒネリのきいた映画読本。


むかし落語家、いま落伍者のダメ人間に届いた、一通の手紙。それが奇跡の始まりだった――。フジテレビ「アンビリバボー」で紹介された本。
書名 無茶苦茶でござりまするがな
CD付き
著者 クーペ●文・絵
ジャンル ノンフィクション・エッセイ・絵本
出版年月日 2006年3月発売
ISBN 9784900963344
判型・ページ数 B5判並製96頁(オールカラー)
定価 本体1,900円+税



内容説明

林家三平師匠に弟子入りするも、素行が悪く、9回の破門。妻子とも別れ、酒とギャンブルにおぼれる日々だったが、ある日、娘から25年ぶりの手紙が届い た。「私を生んでくれてありがとう」返事のつもりで作った曲が注目され、55歳にしてメジャーデビュー。だが好事魔多し、脳梗塞で倒れ麻痺が残る。朝日新聞ほかマスコミで紹介多数の著者による、CD付き(12曲入り)エッセイ集。