マンガ日本人と天皇新装増補版

マンガ

天皇交代の今だからこそ、考えてみたい。
この国に天皇制は本当に必要なのか?
教育勅語の見直しが自民党議員から持ち出される一方、リベラル勢力が平成天皇にシンパシーを寄せる現状。『美味しんぼ』の原作者・雁屋哲がマンガで天皇制を鋭く批判します。

著者雁屋 哲●原作
シュガー佐藤●漫画
ジャンルマンガ
出版年月日2019年4月発売
ISBN9784900963856
判型・ページ数A5判並製304頁
定価本体1,700円+税

内容説明

2000年に発行された旧版は朝日新聞の「ひと欄」に掲載されるなど、5万部超のベストセラーに。新元号や10連休などあからさまな祝賀ブームが演出されるなか、天皇制の問題点を改めて浮き彫りにする。「天皇とは何か」「近代天皇制の毒」「天皇の軍隊」「臣と民」「象徴天皇制」「昭和天皇の戦争責任」「天皇制の未来」という7章から成るマンガに加えて、雁屋哲の最新論考「日本をアメリカの属国にした昭和天皇の罪」16頁分を追加した増補版。

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. マンガで読む ジェンダー入門

  2. 手塚治虫の歴史教室

  3. 香りの消えたバッグスバニー──ぼくと彼女の188日間

TOP