パレスチナに生まれて

マンガ

多くの民衆から愛された、パレスチナの風刺漫画家。なぜ彼は50歳で暗殺されたのか? 答えは、この作品集の中にある。

著者ナージー・アル・アリー●著
露木美奈子●訳
ジャンルマンガ
出版年月日2010年6月発売
ISBN9784900963481
判型・ページ数A4判変型並製154頁
定価本体1,600円+税

内容説明

ツギハギだらけのボロを身にまとった難民の子ども〈ハンダラ〉。分身ともいうべきキャラクターを通じて、イスラエルの冷酷さやアラブ諸国の偽善的態度を批判したナージー・アル・アリー。「彼は、イスラエル人、PLO、アラブ政権など誰も彼も漫画の標的にしたんだ。誰が彼を殺したのかは誰にもわからない。だが誰にも彼を殺したい理由があったのさ」(ジョー・サッコの序文より)。

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. マンガで読む ジェンダー入門

  2. 手塚治虫の歴史教室

  3. 香りの消えたバッグスバニー──ぼくと彼女の188日間

TOP