80年代オマケシール大百科

なつかし本

80年代にぼくらを熱狂させたオマケシール。超ヒット商品の『ビックリマン』から知られざるオマケシールまで、総計1108枚をオールカラーで収録した史上初(!)の書籍。

著者サデスパー堀野●著
ジャンルなつかし本
出版年月日2017年4月発売
ISBN9784900963740
判型・ページ数A5判並製160頁
定価本体1,600円+税

内容説明

2枚重ねのWシールだった『ガムラツイスト』と『ラーメンばあ』。ホロシールが圧倒的に多かった『ドキドキ学園』。忍者バトルが人気を呼んだ『秘伝忍法帳』。さらにハリマ王の伝説、ネクロスの要塞、あっぱれ大将軍、こまったときのガムだのみ、と続くオマケシールの数々。シールの特徴とともに、設定されていた物語や世界観を紹介した極めつきの保存版。巻末には『ネクロスの要塞』などを企画したレッドカンパニーの広井王子氏や、『ガムラツイスト』などを企画したスタジオメルファンの主要メンバーへのインタビュー記事を掲載。

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 子どもを全力で守る本

  2. マンガで読む ジェンダー入門

  3. 手塚治虫の歴史教室

TOP