皮膚科医デルぽんのデルマな日常

コミックエッセイ

外科や救急と違って、テレビドラマで描かれたこともない「皮膚科」の世界。医療界いちジミ~、などという声も聞こえてきますが、実は笑いの宝庫なんです!! 著者・デルぽんは現役の女医さん。大の漫画好きが高じて始めたブログ「デルマな日常」が医療関係者や患者さんの人気を集め、ついに待望の単行本化となりました。

著者デルぽん●著
ジャンルコミックエッセイ
出版年月日2020年7月発売
ISBN9784900963900
判型・ページ数A5判並製128頁(オールカラー)
定価本体1,300円+税

内容説明

本書は4つの章で構成しています。
●命のやり取りはないけれど、お笑いのようなやり取りが日々繰り広げられる「皮膚科医vs患者さん」。
●一番メジャーな水虫からイボ、ウオノメ、じんましん、やけど、爪切りまで多岐にわたる「皮膚科のお仕事」も紹介。
●「皮膚科医たるもの、自ら水虫を飼え」。お医者さんが発する名言・迷言から病院実習の思い出、医療ドラマの気になるところなど「華麗なる(!?)医者の世界」もバッサリと。
●「肌にやさしい絆創膏の貼り方は?」「うっかりやけどをしてしまったら」などなど、「皮膚科医からのアドバイス」も入っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 子どもを全力で守る本

  2. マンガで読む ジェンダー入門

  3. 手塚治虫の歴史教室

TOP